歯磨き 出血

画像

>全額返金保障付き<

歯磨きで出血する原因は?

歯磨きで出血することに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

 

私もその1人でした。

 

現在は、歯磨き粉を変えることによって改善されたのですが、
歯磨きした後、口をすすぐ度に不安になったものです。

 

歯磨きで出血する原因というのは何があるのでしょうか。

 

歯磨きをすると出血するのはご存知の通り歯茎です。
歯茎から出血すること自体はよくあるので、それほど問題はないようです。

 

歯茎からの出血で、気を付けないといけない場合というのは、
ちょっと歯ブラシを当てただけでも出血する場合です。

 

その場合は、歯肉炎などの歯周病が原因の炎症が起きている可能性があります。

 

歯周病というのは、歯垢(しこう)が溜まることで、
その歯垢から菌が繁殖して、毒素を出しその結果炎症を起こすようです。

 

つまり、歯垢をしっかりと取り除くことが、
結果的に出血を防ぐことになるようですね。

 

ですから、歯磨きを丁寧に行うことが結果的に出血を防ぐことになるわけです。

 

歯茎が腫れている場合はある程度出血させた方が良い時もあります。
新陳代謝が良くなり、元気な歯茎になるからです。

 

歯磨きをしているのにも関わらず、出血が収まらないのであれば、
歯医者さんに定期的に行く必要があるでしょう。

 

また、歯磨き粉を変えてみるのも良いかもしれません。

 

私はやまちやのなたまめ柿渋歯磨きに変えてから、
出血することがなくなりました。

 

泡立ちが少ないので、しっかり磨けたか不安があります。
そのせいもあるのか、鏡を見ながら丁寧に磨くようになったんですね。

 

すると気づけば出血しなくなり、数カ月たっても大丈夫でした。

 

歯医者さんでの定期健診でも褒められるようになったので、
家族や知人にも薦めています!

画像

>全額返金保障付き<